〇〇を失った子猫たち。その理由を知った時あなたは胸が締め付けられる。。。

2021年6月5日

「職場の駐車場から子猫の声がする。」

様子を見に行った女性は母猫もいたため様子を見ようとシャッターを閉めたところ、生後間もない子猫が落ちてきました。

天使のような可愛い子猫。

しかし子猫にはすでに失っていたものがありました。

スポンサーリンク

落ちてきた子猫

岸さん(54歳)は介護事業所「ハンド・イン・ハンド」で事務員として働いています。

ある日駐車場の2階の倉庫付近から子猫の泣き声が聞こえました。

社長と一緒に様子を見に行くと母猫もいる模様。

「様子を見ましょうか。」とシャッターを下ろすとそこに落ちてきたのは黒い子猫でした。

落下による怪我はありませんでしたが、黒猫の脚にはひも状の物が巻き付き、左の後ろ脚は皮一枚でつながりぶらぶらしています。

岸さんは慌ててタオルに包んで動物病院に駆け込みました。

獣医さんに診てもらうと黒猫の脚に絡みついていたひも状の物はへその緒。

出産時にたまたま起きた事故だったようです。

「先生の見立てでは生後2週間。ぶらさがった脚は切って縫合してもらいました。」(岸川さん)

岸さんが黒猫を連れて行っている間に会社では駐車場の2階を捜索。

そこにはさらにあと2匹、三毛猫が壁に挟まっていたという連絡が入りました。

「その時、たまたま待合室にいた小川さんという猫好きな方が、一緒に会社まで来てくださいました。

日ごろから猫の保護もされていて、私の様子をみて心配してくださって……」

その後一緒に2匹を連れて病院に戻り、3匹の姉妹猫は先生に診てもらうことになりました。

三毛猫の1匹はやはり後ろ脚がありませんでした。

黒猫同様へその緒が巻いて切断されたんだろうとのこと。

ももの辺りから下がなく切断面はすでに乾いていたので未処置で済みました。

もう一匹の三毛猫は体も大きく元気でした

一番身体が小さかった黒猫は肺炎も起こしており入院が必要な状態。

実は岸さんは去年も子猫を見つけましたがとても弱っていて、ミルクをうまく飲ませることが出来ずに死なせてしまったという経験があります。

そのため岸さんは三毛猫2匹を連れて帰るか迷っていました。

その話を聞いた小川さんは「うちで預かりましょうか」とボランティアを引き受けてくれます。

黒猫は『うに』、脚がない方の三毛猫は『ララ』、体の大きな三毛猫は『小町』と名付けられました。

社長が鳴き声を聞きつけ、岸さんが病院に運び、うにちゃんは看護師とボランティアが数時間おきにミルクをあげて…。

善意のリレーでつながれた命。

一番身体が大きな小町ちゃんはすぐに会社の関係者に譲渡が決まったそうです。

「うちには4歳の先住猫メイがいますが、“うにとララを引き取りたい”と思っていました。迷いもありましたが……」

障害があっても元気

うにちゃんとララちゃんを引き取ろうか迷っていた岸さんでしたが、現在は2匹とも連れて帰り元気に遊びまわっているそうです。

1日だけ譲渡前の小町ちゃんを預かり3姉妹が揃ったときにはハイテンションで遊んでいたとか。

「3匹いた時に気づいたのですが、小町のように、2匹はジャンプができない。

少し高いところに乗る時は、前脚で懸垂のよう体を持ち上げるんです。」

と話す岸さん。

しかしそれ以外は他の猫と何ら変わりはありません。

2匹が抱き合って寝ていると本当に可愛いんだそうです。

これは癒されますね。

岸さんのお宅では4年前に長男が、今年の春に次男がそれぞれ家を出たそうです。

そのため夫婦と先住猫のメイちゃんだけになり室内が静かでした。

そんな中、まさしく天から降ってきた子猫のおかげでまたにぎやかさを取り戻したとのこと。

「夫婦の会話も増えましたね。食事の準備をしている時など、主人が危なくないように子猫をみてくれるので助かります」

優しい人たちの手でつながれた3匹の命。

温かな目に見守られながら今日も2匹は元気に遊んでいます。

2024/2/25

ペットの売れ残りは引き取り出来る?殺処分やその後の行方について

ペットショップに行くと「一緒に暮らしたらどんなに楽しいだろう」「先住犬(猫)と仲良くできるかな?」など夢が膨らみますよね。 良いご縁に恵まれてお迎えが決まったペットは幸せな毎日が訪れるでしょう。しかし、誰の目にもとまらないペットはどうなるのでしょうか。 「売れ残ったペットは殺処分される」という噂もあり、その後の行方が気になります。 この記事ではペットショップの売れ残りのその後について解説します。 殺処分や売れ残ったペットの引き取り方法なども紹介していますので、最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次 ...

ReadMore

2024/2/24

犬が留守番でうんちまみれになる!対策と分離不安症の関係とは?

愛犬に会いたくて急いで帰ったら、ケージがうんちまみれでがっかり…なんて経験ありませんか? 特に子犬期に多く、ケージだけでなく愛犬の足や身体まで汚れていることもしょっちゅうですよね。 帰宅するたびにシャンプーしたりして、いつまで続くのかと不安になってしまうでしょう。 この「うんちまみれ」には原因があります。時には見過ごせないケースもあり、注意が必要です。 この記事を読めば、うんちまみれになる原因と対策が分かります。 最後まで読んで参考にしてくださいね。 スポンサーリンク 目次 留守中にうんちまみれにしてしま ...

ReadMore

2023/12/26

犬草の代わりってあるの?散歩中に草を食べる対処法や注意点も紹介

「愛犬が雑草を食べるけど大丈夫?」「散歩中に夢中になって草を食べるのはなぜ?」と悩む飼い主さんは多いでしょう。 葉っぱを食べている最中に吐きそうになっているのを見ると心配になりますよね。 また、公園などで撒かれる除草剤の影響も気になります。 除草剤の中にはペットに害があるものがあるため注意が必要です。 当記事では犬が草を食べる対処法や注意点について解説します。 犬草の代わりになる方法も解説しているので、最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次 犬が草を食べる理由理由①:楽しかったり食べるのが好き理由 ...

ReadMore

2023/12/24

大型犬の多頭飼いの費用は?ケージや散歩についても解説

「大型犬を多頭飼いしたいけど費用はどれくらいかかるの?」「大型犬を多頭飼いしたらどうやって散歩させるの?」と悩んでいませんか? 大型犬を多頭飼いしたいのに費用がかわからず散歩も大変そうで、二の足を踏んでいる人は少なくないでしょう。 一方で、大型犬の多頭飼育は幸せいっぱいです。モフモフに囲まれていると嫌なことも忘れてしまいますよ。 当記事では大型犬の多頭飼いの費用や散歩などについて解説します。 ラブラドールとゴールデンを多頭飼育している我が家の現実的な費用や、2頭同時の散歩事情についてもお話ししています。 ...

ReadMore

2023/12/22

猫が便秘でいきむ?うんち改善のおすすめフードや何日まで大丈夫かも解説

猫が便秘でいきむ姿を見て心配になったことはありませんか?長時間トイレで頑張っているのに出ないと、かわいそうになってしまいますよね。 猫の便秘には原因があり、放置すると後遺症が残る危険があるため軽く考えてはいけません。 一方フードで改善するケースがあるため、食事の見直しも視野に入れておきましょう。 当記事では猫の便秘について解説します。 便秘は何日まで様子を見て大丈夫かも解説していますので最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次 猫の便秘は何日まで大丈夫?便秘の原因病気ヘルニアなど関節や神経の異常運動 ...

ReadMore

-

© 2024 Pet ear(ペットイヤー) Powered by AFFINGER5