『ペット盲箱』といわれる福袋 中に入っていたのは…【中国】

ペットブームが続いている中国。

「盲箱(ブラインドボックス)」という方法で、生きた動物を購入するニーズが急拡大しているといいます。

『盲箱』というのは購入するまで中身がわからない、日本で言う『福袋』のようなものです。

生きたまま箱に詰められたペットたち。

箱に入れられ空輸で長旅を強いられた犬や猫の赤ちゃんたちはどうなっているのでしょうか。

病気や窒息、飢えで亡くなった赤ちゃんたち

薄汚れたトラックの荷台に、うずたかく積まれた小さな箱。

その中に『ペット盲箱』として入れられた犬や猫の赤ちゃんたちがいます。

中を開けてみるとおびただしい数の犬や猫の赤ちゃんたち。

鳴き声が響き、悪臭が漂う中、亡きがらとなった姿も……。

ANN NEWSでこのようなおぞましい事件が報道されました。

3日、中国南西部・成都市の倉庫で撮影された映像。

多くの宅配物が積み重なっている箱の中に入っていたのは、177匹の子犬や子猫でした。

動物愛護団体が箱に入れられた状態の犬や猫を配送業者の拠点で発見したということです。

貨物室には子犬や子猫の「悲鳴」が響き渡っていたとのこと。

飢えなのか窒息なのか原因はわかりませんが、177匹のうちの一部はすでに死んでいたといいます。

「臭くてたまらない、糞や尿も加わり、さらに臭かった。雨が降ったため死体はぬれていました」(ボランティア)

生きていても衰弱がひどく感染症にかかっていて、病院に送られたそうです。

中国人の国民性にマッチした『ペット盲箱』

当初玩具からはじまった盲箱(福袋)ブーム。

そのうち飲食、コスメ、書籍と多くのジャンルに広がり、最近では『大人のおもちゃ盲箱』や『偽物ブランド盲箱』などのアングラモノが登場しています。

そして空前のペットブームを背景に現れたのが、生きたペットが入れられた『盲箱」だったそうです。

『盲箱』というのは購入するまで中身がわからない、日本で言う『福袋』のようなもの。

これが、ギャンブル好きな中国人の国民性にマッチしたのでしょう。(香港在住のジャーナリスト)

しかし、中国の郵便法では生きた動物を宅配便で輸送することは違法です。

ところが民間航空規則では、送り主が『予防接種記録』や『健康証明書』などの必要書類を手配し、認可されたペット輸送用の梱包材を使えば動物を飛行機で輸送できてしまいます。

そういった法律の盲点を突き、各地からペットを空輸。

それを独自のルートで販売しているそうです。

とはいえ、ろくに餌も与えず犬や猫の赤ちゃんに長旅をさせることに。

そのため途中ストレスや病気で亡くなってしまうケースも多く、トラブルが後を絶たないといいます。

したがって多くの業者がウリ逃げしようと『交換返品不可』と表示しています。

多くが売れないペットや弱っているペットを『盲箱』といった名前で売り出しているため、検疫をしていないケースも多い。

つまり、消費者に対しての衛生上の懸念がある。(香港在住のジャーナリスト)

SNSの微博(ウェイボー、Weibo)ではペットの盲箱の不買運動の呼び掛けが広がっています。

あるユーザーは

「ペットは、かわいいノベルティーグッズでも、飽きたら捨てられるおもちゃでもない。ペットのブラインドボックスには、中国社会がより恐ろしく狂ったものになっていると感じる」

と書き込みました。

ペット盲箱を運んだ物流会社は謝罪し、成都の支店に「包括的な自己点検」と「配送安全教育」を行うよう指導したことを明らかにしました。

国民性で倫理観が違っているとは到底思えません。

これ以上小さな命が粗末にされないように願うばかりです。

2024/2/25

ペットの売れ残りは引き取り出来る?殺処分やその後の行方について

ペットショップに行くと「一緒に暮らしたらどんなに楽しいだろう」「先住犬(猫)と仲良くできるかな?」など夢が膨らみますよね。 良いご縁に恵まれてお迎えが決まったペットは幸せな毎日が訪れるでしょう。しかし、誰の目にもとまらないペットはどうなるのでしょうか。 「売れ残ったペットは殺処分される」という噂もあり、その後の行方が気になります。 この記事ではペットショップの売れ残りのその後について解説します。 殺処分や売れ残ったペットの引き取り方法なども紹介していますので、最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次 ...

ReadMore

2024/2/24

犬が留守番でうんちまみれになる!対策と分離不安症の関係とは?

愛犬に会いたくて急いで帰ったら、ケージがうんちまみれでがっかり…なんて経験ありませんか? 特に子犬期に多く、ケージだけでなく愛犬の足や身体まで汚れていることもしょっちゅうですよね。 帰宅するたびにシャンプーしたりして、いつまで続くのかと不安になってしまうでしょう。 この「うんちまみれ」には原因があります。時には見過ごせないケースもあり、注意が必要です。 この記事を読めば、うんちまみれになる原因と対策が分かります。 最後まで読んで参考にしてくださいね。 スポンサーリンク 目次 留守中にうんちまみれにしてしま ...

ReadMore

2023/12/26

犬草の代わりってあるの?散歩中に草を食べる対処法や注意点も紹介

「愛犬が雑草を食べるけど大丈夫?」「散歩中に夢中になって草を食べるのはなぜ?」と悩む飼い主さんは多いでしょう。 葉っぱを食べている最中に吐きそうになっているのを見ると心配になりますよね。 また、公園などで撒かれる除草剤の影響も気になります。 除草剤の中にはペットに害があるものがあるため注意が必要です。 当記事では犬が草を食べる対処法や注意点について解説します。 犬草の代わりになる方法も解説しているので、最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次 犬が草を食べる理由理由①:楽しかったり食べるのが好き理由 ...

ReadMore

2023/12/24

大型犬の多頭飼いの費用は?ケージや散歩についても解説

「大型犬を多頭飼いしたいけど費用はどれくらいかかるの?」「大型犬を多頭飼いしたらどうやって散歩させるの?」と悩んでいませんか? 大型犬を多頭飼いしたいのに費用がかわからず散歩も大変そうで、二の足を踏んでいる人は少なくないでしょう。 一方で、大型犬の多頭飼育は幸せいっぱいです。モフモフに囲まれていると嫌なことも忘れてしまいますよ。 当記事では大型犬の多頭飼いの費用や散歩などについて解説します。 ラブラドールとゴールデンを多頭飼育している我が家の現実的な費用や、2頭同時の散歩事情についてもお話ししています。 ...

ReadMore

2023/12/22

猫が便秘でいきむ?うんち改善のおすすめフードや何日まで大丈夫かも解説

猫が便秘でいきむ姿を見て心配になったことはありませんか?長時間トイレで頑張っているのに出ないと、かわいそうになってしまいますよね。 猫の便秘には原因があり、放置すると後遺症が残る危険があるため軽く考えてはいけません。 一方フードで改善するケースがあるため、食事の見直しも視野に入れておきましょう。 当記事では猫の便秘について解説します。 便秘は何日まで様子を見て大丈夫かも解説していますので最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次 猫の便秘は何日まで大丈夫?便秘の原因病気ヘルニアなど関節や神経の異常運動 ...

ReadMore

-,

© 2024 Pet ear(ペットイヤー) Powered by AFFINGER5