ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)

ヒョウモントカゲモドキがずっとシェルターから出てこない?理由について解説

2023年7月31日

ヒョウモントカゲモドキがずっとシェルターから出てこない経験がある飼い主さんは多いでしょう。

様子が見えないのは心配になりますよね。

ヒョウモントカゲモドキがシェルターから出てこないのはなぜなのでしょうか?

この記事ではシェルターから出てこないヒョウモントカゲモドキの理由について解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)がシェルターから出てこない理由は?

ヒョウモントカゲモドキがシェルターから出てこないのは環境に慣れていないためだと考えられます。

シェルターから出てこないケースの多くは、お迎えしてすぐのタイミングでしょう。

ヒョウモントカゲモドキの性格によってはお迎え初日でもガンガン表に出て探索を行う子がいます。

一方怖がりだったり臆病な子に関しては、シェルターに引きこもるケースが多いです。

慣れるまではあまり刺激を与えず、そっと見守るようにしましょう。

レオパのシェルターは透明だと様子が分かる

かといって、姿が見えないのは心配ですよね。そのような場合には、中が見えるシェルターだと安心です。

ヒョウモントカゲモドキのシェルターは陶器製のものが人気ですが、その理由は湿度を調整しやすいところにあります。

一方ウェットボックスシェルターは、ミズゴケなどを入れて湿度を保持するタイプです。交換などの手間が必要になってきます。

また、ヒョウモントカゲモドキのシェルターは手作りも可能です。

シェルターの作り方

100均などの食品タッパーに出入り口の穴をあける

あけた穴でヒョウモントカゲモドキがケガをしないようにクリアテープなどで保護しておきましょう。

手作りだと、ヒョウモントカゲモドキの大きさに合わせて作れるといったメリットがあります。

ぜひ挑戦してみてくださいね。

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)にシェルターは必要?

ヒョウモントカゲモドキにシェルターは必要なものです。

シェルターは、

  1. 隠れ家
  2. 湿度の調整
  3. 活動域を広げる

といった役目を果たします。

①隠れ家

ヒョウモントカゲモドキは夜行性です。昼間は隠れて休みます。

休むためには身を守る隠れ家が必要で、シェルターがあることで安心感が生まれます。

②湿度の調整

シェルターは湿度を保つ働きを担っています。

ヒョウモントカゲモドキの飼育には、適切な湿度がとても重要です。

ヒョウモントカゲモドキの最適な湿度

50~80%

ヒョウモントカゲモドキは爬虫類の中でも乾燥に比較的強く、飼育しやすいことで人気があります。

それでも常時40~60%くらいには湿度を保つ必要があります。さらに脱皮前には80%以上を保たなければいけません。

湿度が低いと脱皮不全を起こし、放置すると

  • 脱皮できなかった個所の壊死
  • 目が開かなくなる

などのトラブルにつながります。

爬虫類初心者にはこのようなトラブルも多いため、最初は湿度を保ちやすいシェルターがおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スドー ウェットシェルター L 関東当日便
価格:798円(税込、送料別) (2023/7/29時点)

ウェットシェルターは上部に水を入れておくと保湿される仕組みになっています。

慣れるまではこのような湿度が調節できるシェルターを使用しましょう。

③活動域の増幅

ヒョウモントカゲモドキに安心できる場所ができると、自然と行動範囲も増えます。

シェルターを利用して探索したり、安全な場所で狩りを行えるでしょう。

ヒョウモントカゲモドキにとってシェルターは、ストレスなく行動して健康的な生活を送るために必要です。

シェルターの最適な大きさ

ヒョウモントカゲモドキにとって最適な大きさのシェルターは「全身が入れる大きさ」です。

シェルターのサイズ目安

中くらいのMサイズ以上

ヒョウモントカゲモドキは個体差があるものの、アダルトになると18cm~25cmぐらいのサイズになります。

アダルトになりシェルターが小さくなってしまわないように、多少大きめのものを準備しておきましょう。

まとめ

ヒョウモントカゲモドキがシェルターから出てこない場合には、慣れるまで様子を見ましょう。

シェルターが透明なものだと、引きこもっている中の様子がみれて安心です。

あまりいじらず、遠くから見守る気持ちで慣れるのを待ちましょうね。

2024/2/25

ペットの売れ残りは引き取り出来る?殺処分やその後の行方について

ペットショップに行くと「一緒に暮らしたらどんなに楽しいだろう」「先住犬(猫)と仲良くできるかな?」など夢が膨らみますよね。 良いご縁に恵まれてお迎えが決まったペットは幸せな毎日が訪れるでしょう。しかし、誰の目にもとまらないペットはどうなるのでしょうか。 「売れ残ったペットは殺処分される」という噂もあり、その後の行方が気になります。 この記事ではペットショップの売れ残りのその後について解説します。 殺処分や売れ残ったペットの引き取り方法なども紹介していますので、最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次 ...

ReadMore

2024/2/24

犬が留守番でうんちまみれになる!対策と分離不安症の関係とは?

愛犬に会いたくて急いで帰ったら、ケージがうんちまみれでがっかり…なんて経験ありませんか? 特に子犬期に多く、ケージだけでなく愛犬の足や身体まで汚れていることもしょっちゅうですよね。 帰宅するたびにシャンプーしたりして、いつまで続くのかと不安になってしまうでしょう。 この「うんちまみれ」には原因があります。時には見過ごせないケースもあり、注意が必要です。 この記事を読めば、うんちまみれになる原因と対策が分かります。 最後まで読んで参考にしてくださいね。 スポンサーリンク 目次 留守中にうんちまみれにしてしま ...

ReadMore

2023/12/26

犬草の代わりってあるの?散歩中に草を食べる対処法や注意点も紹介

「愛犬が雑草を食べるけど大丈夫?」「散歩中に夢中になって草を食べるのはなぜ?」と悩む飼い主さんは多いでしょう。 葉っぱを食べている最中に吐きそうになっているのを見ると心配になりますよね。 また、公園などで撒かれる除草剤の影響も気になります。 除草剤の中にはペットに害があるものがあるため注意が必要です。 当記事では犬が草を食べる対処法や注意点について解説します。 犬草の代わりになる方法も解説しているので、最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次 犬が草を食べる理由理由①:楽しかったり食べるのが好き理由 ...

ReadMore

2023/12/24

大型犬の多頭飼いの費用は?ケージや散歩についても解説

「大型犬を多頭飼いしたいけど費用はどれくらいかかるの?」「大型犬を多頭飼いしたらどうやって散歩させるの?」と悩んでいませんか? 大型犬を多頭飼いしたいのに費用がかわからず散歩も大変そうで、二の足を踏んでいる人は少なくないでしょう。 一方で、大型犬の多頭飼育は幸せいっぱいです。モフモフに囲まれていると嫌なことも忘れてしまいますよ。 当記事では大型犬の多頭飼いの費用や散歩などについて解説します。 ラブラドールとゴールデンを多頭飼育している我が家の現実的な費用や、2頭同時の散歩事情についてもお話ししています。 ...

ReadMore

2023/12/22

猫が便秘でいきむ?うんち改善のおすすめフードや何日まで大丈夫かも解説

猫が便秘でいきむ姿を見て心配になったことはありませんか?長時間トイレで頑張っているのに出ないと、かわいそうになってしまいますよね。 猫の便秘には原因があり、放置すると後遺症が残る危険があるため軽く考えてはいけません。 一方フードで改善するケースがあるため、食事の見直しも視野に入れておきましょう。 当記事では猫の便秘について解説します。 便秘は何日まで様子を見て大丈夫かも解説していますので最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次 猫の便秘は何日まで大丈夫?便秘の原因病気ヘルニアなど関節や神経の異常運動 ...

ReadMore

-ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)

© 2024 Pet ear(ペットイヤー) Powered by AFFINGER5